診療案内

診療内容

狭心症

狭心症とは

狭心症は、心臓の冠動脈の血液が不足することによって、心筋が酸素不足に陥る病気です。
狭心症を放置すると冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、命にもかかわる危険な状態になります。

狭心症の症状

動脈硬化などが原因で冠動脈の血流が十分でなくなると、心臓が酸素不足となり、痛み、圧迫感、絞扼(こうやく)感(しめつけられる感じ)などの胸部症状が現れます。ちょうど心臓の筋肉の筋肉痛のような状態です。このとき、心筋の細胞は失神した状態にあります。これが狭心症の発作です。
最初のうちは、心臓がたくさんの酸素を必要とする運動時だけに症状が出ることが多く(労作性狭心症)、筋肉痛のように休むと治まることが多いのですが、病気が進行すると安静時にも症状が現れるようになります。
また、狭心症の中には、冠動脈に動脈硬化がなくても、冠動脈自体が痙攣・収縮(攣縮=れんしゅく)し血流が悪くなり、狭心症のような症状が出る場合があります。このような状態を「冠攣縮性狭心症」といいます。
これは血管の中は動脈硬化によって細くなっていないことが多いので、血流の低下(発作)は運動時・安静時に関係なく起こります。特に朝方の発作が多く、「朝方胸が痛くて目が覚めた」という患者さまが多くいらっしゃいます。
胸部症状を自覚するときには、早めに検査を受けることが大切です。

心筋梗塞

心筋梗塞の危険因子

心筋梗塞の症状

心筋梗塞の前兆

心筋梗塞を起こした方の前兆は上記の様な例が挙げられますが、心筋梗塞を起こした人の役半数は前兆がなく突然心筋梗塞を発症しています。
日本人の死亡原因の1位は癌、2位は心疾患、3位は脳疾患となっており、自分には関係ない話だと軽視は出来ません。

心筋梗塞を予防する為に・・・

狭心症を放置すると冠動脈が閉塞して心筋梗塞となり、命にもかかわる危険な状態になります。その為、狭心症の段階で、しっかり治療しておくことが肝心です。
動脈硬化で冠動脈の内腔が狭くなったところに、急に血液の小さな塊(血栓)が詰まって血管を塞いでしまうと、酸素が供給されなくなった心筋がダメージを受ける心筋梗塞が発症します。梗塞とは細胞が"窒息死"した状態のことを言うので、心筋細胞が窒息死することを心筋梗塞といいます。

不整脈

不整脈とは

心臓は通常1日10万回程度、規則的に拍動し、全身に血液を送っています。
不規則に心臓が動いてしまう状態や、正常な範囲を超えた心拍数になる状態を大きくまとめて不整脈と言います。
不整脈には多くの種類があり、放置してよいものから、無症状であったとしても命に関わるような危険なものまで、さまざまです。しかしほとんどが命に直接かかわることのない不整脈です。
しかし間接的には重症の脳梗塞が、心房細動という不整脈によって引き起こされることもあり、正しい診断と治療が必要です。

不整脈の症状 - 早い脈(頻脈)

頻脈になると、ドキドキとする動悸が感じられるようになります。さらに脈が速まっていくと、心臓が全身に血液を送り出せない状態となってしまいます。その結果、吐き気や冷や汗、意識消失等の症状が見られます。

不整脈の症状 - 遅い脈(徐脈)

徐脈になると、フラッとしたり、めまいがしたり、意識が無くなり、卒倒したりまします。徐脈状態が長期間になってくると、動作時に息切れをするようになります。

不整脈の症状 - 飛ぶ/抜ける脈(期外収縮)

自覚症状を感じない場合が多いのですが、症状を感じる場合は、脈が飛んだり、胸の周辺部分に不快感を覚えたり、胸が痛くなったりします。
これらの痛みは比較的狭い範囲で行いますが、あまり持続しない(数十秒以内)で解消します。

心不全(心筋症など)

心不全とは

うっ血性心不全とも言われる心不全とは、 心臓が全身に必要量の血液を送り出すことができなくなった状態を指します。動脈を通じての全身への血液供給や静脈から心臓への血液の汲み上げが障害されるため、疲れやすい、顔・下肢がむくむ、食欲がなくなるなどの症状がおこります。
これらの症状は、原因によっては突然出現することもありますが、多くはゆっくりとあらわれてきます。
心不全の初期には、平地の歩行時にはなんともないですが、階段を上ったり、重い物を持ったりすると息切れが起こります。
また、多くの場合、肺に血液が滞り、肺での酸素交換が障害され、軽作業でも息切れを感じます。

心不全の原因

心不全の原因は様々です。ほとんどのすべての心臓病が、最終的には心不全をきたします。また、心臓の働きが低下しつつも安定した状態から、急に悪化させることがあります。
最も多いのは、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症などがあります。他、塩分や水分の摂取過多、過労、狭心症、不整脈等が引き金となり、悪化することがあります。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症とは

動脈硬化症とは「動脈がかたくなる」ことです。 主に50~60歳以降の男性に発症します。足などの動脈に狭窄や閉塞を起こし、循環障害をきたす病気を閉塞性動脈硬化症と呼びます。
症状は、手足のひえや、歩行時などの足の痛みから始まり、進行すると皮膚に潰瘍ができ、組織が死んでしまう壊死という状態になります。動脈がかたくなると血管の中がせまくなったり、詰まったりしてしまい危険な状態に陥ります。
血管の内側がせまくなると必要な酸素、栄養がいきわたらず、臓器や組織が正しく機能しなくなります。さらに血管が詰まると臓器や組織に血液が流れず、壊死してしまうこともありますので注意が必要です。

閉塞性動脈硬化症の治療

治療の方法は、動脈硬化が原因であるため、高血圧、脂質異常、糖尿病、喫煙など動脈硬化の危険因子のコントロールをしっかり行います。また禁煙はとくに重要です。また、適度な運動が、循環不全を補うための新しい血管の発生を促すため、運動療法も病気の進行を抑えるために有効です。
寒冷刺激は足の血管をさらに収縮させ、血液の循環を悪くさせます。体の内側から温かくなるように、常日頃から、入浴や早期診断、治療を受けましょう。

pagetop

Loading